住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩1-57-7
診療科目
矯正歯科(成人矯正・小児矯正)
診療時間は月、火、水、金、土は9時半から12時半まで、午後は14時半から19時までとなっています。休診日は木・日・祝となっています。

新小岩 葛飾区 江戸川区|矯正歯科加藤医院

小児の矯正

新小岩駅の矯正歯科加藤歯科医院歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
MOBILE SITE
  • 叢生
  • 上顎前突
  • 下顎前突

1期治療

永久歯のスペース不足

前歯の生え代わりの時期に、保護者の方が一番心配されるのが永久歯のスペース不足です。当院の小児矯正で最も多いのもこのタイプです
この時期は比較的簡単に顎を広げることができます。治療前と治療後を比較すると奥歯のほうで5mm、前歯の辺りもかなり広がっています。その結果、前歯の凸凹が解消され、これから交換する横の歯のスペースも十分確保されています。

  • 小児叢生治療前
  • 小児叢生治療後
  • 小児叢生治療前
  • 小児叢生治療後

こうすれば永久歯に交換後、歯を抜かなくても済みます。
この治療は前歯の生え換わりの時期に行うことが重要です。
簡単な出歯、受け口も顎を拡げることで治ってしまう場合が多く見られます。

1期治療+2期治療

永久歯のスペース不足に出歯、受け口、開咬といった症状が加わると、1期治療だけではすまないことが多くなります。写真はいずれも1期治療+2期治療を行ったものです。これらの症例は永久歯交換後も治療は可能でしたが、1期治療から始めることで治しやすくなり、永久歯を抜かずに治療ができました。全ての患者さんがこのようにうまくいくとは限りませんが、非抜歯の可能性が高まるのは確かです。

小児上顎前突

  • 小児上顎前突(出歯) 治療前
  • 小児上顎前突(出歯) 治療後

小児下顎前突

  • 小児下顎前突 治療前
  • 小児下顎前突 治療後

小児の矯正について

このように1期治療を行うことで、永久歯に交換後は治すことが難しかったり、歯を抜かなければ治らない症例を、顎を広げたり、成長を利用して治す可能性が高まります。
1期治療を行うだけでその後の矯正治療(2期治療)が必要なくなる症例も多々あります。
もちろん1期治療だけですまない症例もありますが、その場合も2期治療が簡単にすむことが期待できます。
また、2期治療が1期治療との差額で行え、料金が割高にならない点が当院の特徴です。

PAGE TOP